NIKKEI TECHNOLOGY AND CAREER

Contents Management System

仕事内容、必要とされるスキル

毎日約1,000本の記事を配信する日経電子版。日経の編集者がこの全ての記事を書くときに使用し、電子版のサービス画面(フロントエンド)に連携する機能をもつ基盤がCMS(Contents Management System)です。電子版のサービス発展にはCMSの発展が欠かせません。 また、利用者(編集者)がより使いやすいシステムにするための改善に終わりはなく、新しい機能をどう実現するか考え、提案する能力と利用者とのコミュニケーション能力の両方が求められます。

新聞を作るシステムから新聞も作るシステムへ

社内の編集者がユーザーに情報を届けるために使っている編集システムはデジタルファーストの転換点を迎えています。新聞を安定的に発行するためのシステムから、電子版向けに情報をいち早くユーザーに届け、新しいサービスを提供するためのコンテンツを管理するシステムに変革しています。

求められるスピードと柔軟性

日経を支える基幹システムの一つでもあるため、これまではベンダーに外注して構築してきましたが、サービス要件の変化にスピーディーな対応ができるよう、安定性も考慮しながら徐々に内製化にシフトしています。 大半の編集システムはAWS上に構築されており、マネージドサービス全般、サーバレス、コンテナ技術等を活用しています。漸進的に技術スタックの改善に取り組み、TypeScriptの導入、ECSやFargateへの移行を進めており、理論的に妥当な改善提案を積極的に取り入れる土壌があります。開発にはエンジニアとしての基礎スキル以外にも、システムを使う編集者側からサービスを受け取るユーザー側まで幅広く俯瞰できる視野と、社内外様々なステークホルダーと調整するためのコミュニケーションスキルも重要になります。

cms

電子版のデータを編集・管理するために、CMSを中心に様々なツールが存在している

Contents Management Systemの登壇資料 >

Entry

各種エントリーはこちらから

キャリア採用
Entry
新卒採用
Entry
短期インターン
Entry