NIKKEI Digital Recruiting Site

AI & DS

仕事内容、必要スキル

深層学習や強化学習といった人工知能技術、IoT・VR/AR・ブロックチェーンなど幅広い技術を駆使して、基礎研究やプロトタイピング・システム開発を担当します。

科学的リテラシーと基本的な IT の素養を用いて自発的に取り組む仕事です。

扱うデータ

新聞記事のテキストや画像、企業情報、ユーザの属性情報・アクセスログなど、日本経済新聞社が保有する多種多様なデータが分析対象です。

日本経済新聞社はリアルタイムデータ処理基盤「Atlas」を内製開発しており、記事データや企業情報などを抽出できるAPIも充実しています。

組織

日本経済新聞社は「テクノロジー・メディア」を目指して、全社的にデータ活用を推進しています。 テレビ東京、ラジオNIKKEIなどのグループ会社とも広く連携しています。

2017年には社長直轄の研究開発組織として「日経イノベーション・ラボ」を設立しました。 専任の研究員が所属し、ウェブやメディアに関連する先端技術に積極的に取り組んでいます。 学会参加や論文執筆のほか、プロトタイプ開発で先端技術の可能性を探ります。

事例

直近のいくつかの対外発表、論文執筆の事例を紹介します。

Entry

各種エントリーはこちらから

キャリア採用
Entry
新卒採用
Entry
短期インターン
Entry